画面が割れた場合は横浜のiPhone修理のお店へ

iPhoneは、非常に頑丈にできています。画面は、防弾ガラスと同じ種類のガラスを使っているため、少し位衝撃を与えても割れる事はありません。そのため、長期的に使い続けても問題ないケースがほとんどです。しかし、いくら防弾ガラスと同じだけの強化ガラスを使っていた場合でも、ある角度から落としてしまうと衝撃が走りひび割れてしまいます。

それが、角から落とす場合です。スマートフォンの角から地面に落下させると、1カ所に力がかかってしまうでしょう。その行為がひび割れの原因となり、斜めに線が入るケースがほとんどです。特に、アスファルトやコンクリートの地面に落とした場合は、ひび割れを覚悟しなければいけません。

ひび割れ防止のシートやケースに入れている場合でも、落とし方が悪ければひび割れが発生することになります。iPhone修理を横浜のお店で行う場合には、状況をしっかりと説明することが必要です。どのようなところで落としたか、といったことまで聞かれないかもしれませんが、いつから割れているかなどを聞かれるかもしれません。iPhone修理横浜のお店に行くならば、本当にガラスが割れただけなのかそれとも液晶まで壊れてしまっているのかで随分と料金が異なるところです。

ガラスだけ言われている場面とは、画面がしっかりと見えている場合です。表面にうっすらとひび割れがあるかもしれませんが、画面の液晶部分に問題がなければ普段通り使えます。その一方で、液晶まで壊れている場合は画面が見づらくなっているわけです。ちゃんと画像や文字等が表示されない場合は液晶が壊れている可能性もあります。

iPhone修理横浜のお店で修理を依頼する場合、ガラスだけの交換ならば一万円未満で済ませることができるかもしれません。料金自体は技術料とガラス代が含まれているものの、技術料が1000円程度になります。それに加えてガラス代がかかる仕組みになるでしょう。修理時間は10分程度となるため、それほど難しい技術を必要とするわけではありません。

あらたに、新しいガラスをはめて終了です。これに対して、液晶まで故障してしまっている場合は液晶の交換が必要になります。作業時間は20分を超えることもありますが、料金も20、000円を超えることがほとんどです。最近は、カードローンで支払いができるところもあるため、現金を持ち合わせていない場合はカードの支払いをしてみるのが良いかもしれません。