バッテリー交換でスマホ修理横浜を依頼する場合には

スマートフォンの充電が全然もたなくなってしまい、バッテリー交換や修理を受けたいと思う人も多いかもしれません。バッテリーや電池交換のスマホ修理横浜を依頼した場合に、どのような作業が行われるのかと言うと、バッテリーを新しいバッテリーに交換するという単純な作業です。スマートフォンの充電がすぐに減ってしまったり、100%まで充電できないなどのような場合には、バッテリーの交換を行うスマホ修理横浜を受けることになります。スマートフォンのすべてのバッテリーは、充電を行うと全ての機種で劣化が必ず発生します。

充電回数によって劣化が進んで電気を蓄える容量が減ってしまうので、使用頻度によっても異なりますが、2年ほど経ったら交換をした方が良いと言えるでしょう。スマートフォンのバッテリーがもたないので、充電しながら使っているという人も多いかもしれませんが、このような使い方はバッテリーの寿命をさらに縮める原因につながります。一般的にバッテリーは熱に弱い性質があるため、充電しながらスマートフォンを使用することにより、充電で発生する電流によってバッテリー自体の発熱とスマートフォン本体の発熱が加わり、より高い熱が発生することになります。頻繁に充電することでバッテリーの寿命を縮めてしまうと思う人も多いかもしれませんが、充電が減るとやはり心配で充電したくなります。

しかし充電のスタイルを考えることにより、電池の寿命や劣化を伸ばすことが可能です。少し減ったからといって頻繁に充電してしまえば、寿命を減らすことになります。寿命で一番重要なことは充電の回数を減らすことだと言われています。充電回数を見直すことにより、劣化したバッテリーの状態を改善することは難しいですが、寿命を引き延ばすことには繋がります。

一番有効な応急処置としては、冷やすことと言えるでしょう。本体が熱い場合には、バッテリーの充電が早くなくなってしまい、冷たい状態の方が電池の持ちは良くなります。しかし外部から強制的に冷やす方法はあまりお勧めできるものではありません。スマートフォンが熱くならないように負荷をかけることを実行せず、涼しい所に置いておくことが望ましいでしょう。

充電の持たなくなったバッテリーをそのまま使い続けていると、バッテリーが破けて発火するなどの危険性が考えられるでしょう。バッテリーは日々劣化することが当たり前であり、充電が持たなくなって使い続けることはできますが、劣化が進めばだんだんと電池が膨らんで、物理的に破損する可能性もあります。スマートフォン自体が使えなくなることを防ぐためにも、できるだけ早くスマホ修理横浜を依頼するようにしましょう。スマホ修理横浜のことならこちら