化粧箱は印刷することで高級感と独自性を発揮

化粧箱
Gift wrapped in recycled brown paper decorated with real fresh roses, on light background with minimalist style wrapping, top view flat lay, eco friendly and zero waste packaging

化粧箱は印刷することで高級感と独自性を発揮

化粧箱は印刷によって高級感が出る化粧箱は印刷次第で高級感があらわれたり、チープにも仕上げることができます。あえてチープに見せるのも1つの方法ですが、折角印刷をするならやはり高級感を引き出すのがポイントとなります。紙の素材も質感や印象を大きく左右しますから、化粧箱のベースとなる素材についても要検討です。基本的に厚手は重厚感が増すので、高級な印象を与えたいなら薄手よりも厚手が狙い目です。

紙は素材感がむき出しだとチープに感じられますから、コーティングをするなどして仕上げることが大切です。文字の大きさや形、配置にもこだわって最後に光沢を与える仕上げを加えれば、一気に箱そのものが高級に見えてくるはずです。金色を使ったりゴージャスに見せることもできるので、デザインの幅が広くて選択肢が豊富です。化粧箱の印刷は工夫を凝らして独自性をつける化粧箱は印刷に工夫を凝らすことで、他にはない独自性を与えることができます。

商品を入れる箱ではありますが、箱そのものも商品になりますし、高級感のある化粧箱では特にそれが顕著です。単なる印刷だと独自性もインパクトも欠けてしまいますが、例えばデボス加工でへこみを加えることで、商品の印象と箱の独自性が高められます。化粧箱は紙素材の選び方と印刷、そして仕上げの3つで印象の大部分が決まりますから、各要素を十分に検討して決めたいところです。フォント選びや文字のレイアウトは基本中の基本ですが、色や質感、見る人に与えられる印象もまた重要な要素です。

選択肢に加えて工夫の余地がいくつもありますから、最終的な完成をイメージして、近づけるようにブラッシュアップを繰り返すことが大事です。

コメント