化粧箱に商品名を印刷する利点

化粧箱

化粧箱に商品名を印刷する利点

商品は製造されて工場からお店に輸送される際、主にダンボール箱に入れられます。そのダンボール箱をその商品専門の箱にしてしまい、少し綺麗に加工しているものを化粧箱と言います。化粧箱には商品名を印刷したり、写真をそのまま印刷するなど自由度が高く使えます。こういった化粧箱に商品を梱包する事で、店側としても届いた時点でその商品だと分かるだけでなく、それだけ力が入っている主力商品だという認識にも繋がります。

陳列にも力が入る場合が多く、他の商品とは一線を画す存在として扱われる可能性が高くなるのです。店頭に出ないものはストックルームに保管されますが、その部分でも商品名の付いている箱というのは目立つので出し入れがしやすくなります。化粧箱に情報を印刷するには化粧箱はダンボール工場が扱っている事の多いものです。工場と直接交渉して、専用のサイズであったり印刷などを相談しましょう。

出来るだけ高級なイメージを出したい場合には、表面加工をしてダンボール感をなくしてしまうのが効果的です。白や水色のような綺麗な箱のイメージが出る色にしてしまえば、化粧箱といえど普通の商品パッケージに見えない事もありません。普通の箱に比べて費用は掛かってしまいますが、こういったものは最初にお金が掛かる後は比較的値段が落ち着いてくるため、もし力を入れたい商品があるのなら試してみるのも一つの手です。ただし、頻繁にバージョンアップを繰り返すタイプの場合は費用が掛かってしまうため、向いていない可能性があるので注意が必要です。

コメント