商品名などを印刷して化粧箱を作る

化粧箱

化粧箱に商品名を印刷して目立たせる

商品パッケージはプラスチックや紙の場合が多いですが、完成した商品をそのままダンボール箱に詰めるのではなく、間にもう一つ箱をかませる方法があります。パッケージを入れる箱を用意する事で、その商品を目立たせる事が出来るのです。その箱を化粧箱といい、こちらもダンボール製の事が多いですが商品名を印刷するなどして他との差別化が図れるのです。ダンボールの茶色ではなく、コーティングされた白だったり他の目立つ色にしておけば、商品を陳列する店の人も分かりやすくなりますし、化粧箱ごと並べられるようにしておけば一段と目立つ商品になります。

商品はとにかく手に取ってもらわなければならないので、これは良い手法の一つと言えるでしょう。パッケージの外側にある目立つ印刷のされた化粧箱化粧箱はダンボールに商品名などを印刷してもらう事で作れます。パッケージサイズが決まったあとに封入する外側のダンボールを決めますが、丁度いいぐらいに入る用にそこで化粧箱のサイズも決めてしまいます。平面で言えば6個なり8個なりを綺麗に収められるサイズなどが入れやすく、それを数段重ねる事でダンボール箱の中に綺麗に収まります。

隙間が空いていると輸送段階で壊れてしまうおそれがあるので、しっかりと隙間のないサイズを調整するといいでしょう。また、こだわりを入れたいのなら通常の四角ではない形にしてしまう方法もあります。ただし積み重ねにくかったり、陳列に難が出てしまうと逆効果なのでどういった形で売られるかを想定しながらそれを決めましょう。

コメント