• 駐車場が苦手な方のテクニック

    お店などの駐車場にクルマを入れるのが苦手というドライバーは少なくありません。
    限られたスペースの駐車するというのは、確かに気を使うものです。
    特に大型車は隣のクルマとの間隔が狭いので難しくなります。
    駐車場にクルマを入れる際の注意点は、まず焦らないことです。

    駐車場の情報が更新されています。

    数回切り替えして時間がかかってしまっても、ゆっくり入れることが大切です。

    また、バックミラーやサイドミラーだけではよく見えない場合は、ドアや窓を開けてしっかり目視すると良いでしょう。

    運転席側だけでも隣のクルマとの間隔をはっきり確認することができます。



    ただ、その際には一か所だけを集中的に見るのではなく、バックミラー、サイドミラー、目視での確認を繰り返していくことが大切です。



    一か所だけに集中してしまうと、そちらが大丈夫でも反対側が隣のクルマにぶつかりそうになっているということがしばしばあるからです。

    駐車の際の向きに関してですが、バックで入れたほうが出るときに楽なので、バックから入れるのが基本です。
    しかし、駐車する場所によっては頭から入れても問題がない場合もあります。バックで駐車するのが苦手な方でも、頭から入れるのであれば何とかなるという方も多いことでしょう。店舗から少し離れていたとしても、広々としていて頭から入れることもできるところにクルマを駐車するようにすれば安心です。
    なお、クルマによって形や車幅や前後のサイズが違いますので、慣れるまでには多少の時間がかかるものです。
    自分のクルマの感覚を体に覚えるようになると、駐車場も上手になっていくことでしょう。