化粧箱の購入時の種類はいろいろ

化粧箱

化粧箱の購入時の種類はいろいろ

一般的なキャラメル式は、蓋を閉める前に両端のフラップを内側に折り込むことで、四隅の隙間を減らすことができ、蓋をしっかりロックすることができます。入れるものの用途やサイズや重さに合わせて、縦方向・横方向を変えられます。キャリー式は取っ手があることから誤って箱を倒したりひっくり返えすことがないです。箱を組み立てると内側に折りたたまれて、ワンタッチで箱を組み立てることができます。

組み立て手順がシンプルであることから大量生産されていることが多いです。底面をしっかり貼り合わせてあるため、キャラメル式よりも強度が増しています。蓋のない身箱や蓋身式組箱と組み合わせて使う箱となってます。高級感を演出でき、プラスチック製の箱や角型の缶などありますので、購入時にはどの形式で購入するか特徴を見て検討することが大切です。

化粧箱を購入することのメリットブランディングができることです。化粧箱の表面に文字やロゴ、イラストなどを印刷した時に、一目でわかるようになり商品を印象付けることができます。店頭で化粧箱を使った時に、触ることなく商品の魅力が伝わるようになります。上質な箱に入れられた商品やデザインを重視した箱に入れると開封するのが楽しくなります。

ブランド品を高級な箱に入れられたものは、そのものが上質か一目でわかりますので、空き箱だけが販売されていることもあります。自由度が高く制作できることです。商品の大きさや形状によっては規格サイズの箱にうまく入らない状態になることもありますので、オーダーメイドの化粧箱を用いることで、商品にぴったり箱に入れることができます。

コメント