化粧箱に商品名を印刷する

化粧箱

化粧箱に商品名を印刷する

商品は個別に梱包されているものですが、小さい場合はそれをさらに大きなダンボール箱に入れて梱包し、店へ出荷します。店ではそこから取り出して陳列しますが、たくさんの商品を扱うのでダンボール箱に名前が印刷されていたり、写真が印刷されていると便利だというのは明らかです。たくさんの数が出て出来るだけ長く売っていこうと考える商品においては、商品名などを印刷して化粧箱にしてしまう方がメーカーにも店にも都合良くなるのです。箱まで作ってしまえば商品開発にも力が入りますし、店側もそれなりの取り扱いをしてくれるからです。

ダンボールへの印刷はそれほどコストが掛かるものではなく、文字だけ入れるなど簡略化の方法もあります。商品名が印刷された化粧箱に梱包して作業が完了するメーカーの工場で考えてみるとさらに分かりやすくなります。商品というものは一つの塊という事もありますが普通はいくつかの部品から成っており、それを組み立てて完成させます。その工程では多くの人が少しずつ組み立てては次の工程に流す、という作業があり、それぞれで小さな箱に入れたりもするのです。

その最終工程を化粧箱に入れるという状態にしておけば、完成したのかが一目瞭然ですし完成品らしさが出ます。商品名が印刷された化粧箱を積み上げてパレットなどで輸送する段になれば、工場での作業がどのくらい終わったかを数えるのも楽になるので便利です。ラップを掛けてしまえばあとはトラックに積み込むだけとなり、作業の進み具合も分かりやすくなるでしょう。

コメント