化粧箱を印刷するメリット

化粧箱

化粧箱を印刷するメリット

無地のダンボール箱に写真や文字を印刷して綺麗な化粧箱にすることができますが、費用が発生してもそれに見合うメリットがあります。具体的には、高級感や販促効果が生まれるということです。化粧箱は果物やお菓子などによく使用されますが、中身を見る前から興味がそそられるものです。たとえば同じ果物でも、無地のダンボール箱に入っているものと比べて、高級感が大幅にアップします。

特に贈答用に贈った場合に喜ばれることでしょう。それ共に印刷されている文字やロゴ、商品の写真を通して販促効果が期待できますし、会社の信用もアップします。これは様々なショップなどで使用される専用の袋などと同様の効果と言えます。化粧箱を印刷するときの注意点高級感や信用度のアップ、販促効果などが期待できる化粧箱ですが、印刷する際の注意点として、大きなサイズでの作成が難しいという点が挙げられます。

一般的な規格サイズでの最大は、L判と呼ばれる800×1100㎜となります。またコストアップについては、サイズや種類によって異なってきます。たとえば、両面シートを使ったフレキソ印刷で作成する場合、両面シートを貼り合わせ、フレキソ印刷を行って形状打抜きをし、製函という流れになります。インク代だけでなく、作業工程が無地のダンボール箱に比べて増えてしまうために、コストアップにつながってしまいます。

化粧箱を作成する場合は、予算に合わせて考えて行く必要があります。

コメント