化粧箱の印刷方法には色々な種類がある

化粧箱

化粧箱の印刷方法には色々な種類がある

様々な商品の梱包などに使用される機会が多い化粧箱ですが、商品名や独自のオリジナルデザインを印字する方法として様々な印刷方法が採用されています。印刷方法によってそれぞれ特徴が異なるため、用途に応じて適切な方法を選択することが大切になります。一般的に使われるのがオフセットタイプが挙げられ、このタイプは再現性が良いことから実際のイメージに近い仕上がりにすることが可能な利点を持ちます。またプリントした後にUV加工を施すことでUV専用インキを強制的に乾燥させることができるため、乾燥不良による後工程のトラブルを予防できるメリットがあります。

加工方法は他にも化粧箱表面に光沢を実現するUVクリアニスであったり、UVクリアニスとOPニスの反発を利用した疑似エンボス加工を施せばプリントと同時に高付加価値をプラスした仕上がりになります。印刷方法にこだわった化粧箱を利用するメリット化粧箱は一般的なダンボール箱と比較すると、多彩な装飾を施すことが可能なので高級感を演出することが可能です。そして印刷方法が豊富であり、オフセットタイプなど繊細なプリントにも対応できるため写真やイラストなどの再現性も高くなります。特色インキを綺麗にプリントできるので企業ロゴやカラーなどを美しく表現したいときにも適しています。

加工方法も様々で、UVコートやオーバープリントニスなど表面加工を行い耐摩擦性をアップさせる以外にも、超光沢加工で見た目を美しく長期保存にも耐えられる高い耐久性を与える加工や、光を反射しないマット加工まで幅広く、オリジナリティのある仕上がりにすることができることも印刷方法をこだわることで得られるメリットです。

コメント