化粧箱で使用されている印刷方法

化粧箱

化粧箱の一般的な印刷方法「オフセット」

化粧箱は印刷などの装飾を施した箱を指し、主に贈答品を贈る時など相手に敬意と気持ちを込めることを目的として高級感のある装飾を施した箱へ収納する際に使われています。化粧箱は紙器の中でも特別な印刷方法や表面加工がされている特徴を持っており、一般的に「オフセット印刷」が使用されます。このオフセットとは非常に細かな印刷を可能としていて、プロセス4色を軸に複数のインキを使用することで写真やイラストなどの再現性が非常に高い特徴を持っています。特色のインキの作成が比較的容易であるため、色の掛け合わせを行えば企業カラーやベタ部分などもはっきりと表現できる強みを持ちます。

大ロット必要な場合はコストダウンすることが可能で、様々な用途で利用することが可能です。化粧箱の印刷方法には豊富な表面加工もある化粧箱に使用される一般的なオフセット印刷であっても、高解像度で美しい仕上がりにすることが可能ですが、さらに希少性や華やかさをプラスしたいという場合には豊富な表面加工を施すことで理想の仕上がりにすることができます。この表面加工には見た目を変えるものから、表面の傷を防ぐ効果など多種多様に用意されていることが特徴で、ホログラムやグロスニス、マットニスやプレス加工やフィルム加工、箔押しなど表現方法は異なります。同じ柄であっても異なる加工をうまく使い分けることで、箱の表面の耐久性がかなり変わってきますし見た目の変化も大きく見られます。

うまく組み合わせを行えば、内容物のイメージにあう化粧箱を希望に沿った仕上がりになることが最大のメリットです。

コメント